川の光日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春の気配

庭の白梅も咲き始め、うららかに晴れた午後。
動物たちとひなたぼっこする。



最近、運動不足で胴回りがどんと太くなり「ドラム缶犬」と呼ばれるようになってしまったタミー。
そんなタミーの尾っぽを調査中のトンと、眼光鋭く見張り役を務めるフー。

IMG_3948.jpg

タミーは人や動物が集まってにぎにぎしている状況が好きなので、なんだか御機嫌。

IMG_3941.jpg

フーのちょっとカッコいいポートレートが撮れたので、掲載。

フーは、卒業したと思ったのも束の間、また指吸いを始めてしまった。
そして相変わらず小猿のように「キキッ」「ウキッ」としか言えない。
トンのように猫らしく「にゃーん、にゃーん」と鳴けるようになるのはいつの日か。




スポンサーサイト
  1. 2015/02/28(土) 21:12:09|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

仔猫列伝

仔猫たちと暮らし始めて約一週間、だんだん3匹の個性が際立ってきた。

koneko2_20141002101650f31.jpg

仔猫ながら手足がすでにがっしりしているトンは、あまり物事にこだわらない性格。
マイペースで、遊び疲れるとところ構わず突然バタッと倒れ、深い眠りに入ってしまう。
日活アクションでいえば、マイトガイ小林旭だろうか(何の根拠もないが)

P1060002b.jpg

フーはいちばん体が小さくて甘ったれ。こうしてPCの前に座っていると、いつのまにか膝の上に乗り、
のどをゴロゴロ鳴らしながら指をちゅばちゅばちばと凄い勢いで吸いはじめる。
実はこの子は三毛なのにオスという、かなりまれな(なんでも3万匹に1匹だとか)染色体の組み合わせ。
そのせいか、どこかアンドロジナス的な雰囲気があり、目が澄んでいて天使っぽい。



ミケ改め「ののちゃん」(名前はこれに決定)は、紅一点。すらりとスタイルがよく、目端がきいて、とても頭のいい子。
男どもが走り回ったり寝たりしているのに付き合いながら、部屋のなかで何か異変があると真っ先に反応する。
さすが女の子というべきか。なんだかすごい名猫になりそう。
やがて私の実家に嫁いでいくわけだが、早くも手放すのが惜しくなっている…


  1. 2014/10/02(木) 10:37:23|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長い間、ありがとうございました



代官山の蔦屋書店でのサイン会&ミニトークは盛況のうちに終わった…ようです。
「ようです」というのは、私が当日になって突然、強度のめまいと偏頭痛の発作に襲われたため、
ほんとうにほんとうに残念なことに、参加できなかったから…(泣)

おみやげを山ほど抱えて帰宅した夫から、このブログの読者も含む大勢の方々が来場し、
お花やお菓子やタミーのおもちゃなど心のこもったプレゼントをいただいたことを聞いて、
たとえ世界がぐるぐる回っている状態でも、なんとか会場まで行けばよかった!!!と深く悔やみました。

みなさま、どうもありがとうございました!
おかげさまでいま我が家は、素敵なお花とかわいいグッズとおいしいお菓子であふれています。
めまいはまだ完治せず、世界は少しだけ回り続けていますが…

そして、ここでひとつお知らせが。

『川の光2』の連載に並行してブログなるものを書いてみよう、と思いつきで始めたこの『川の光日記』。
当初は連載終了と同時に終わるくらいの軽い気持ちでいながら、読者の方から反応をいただけるのが刺激的で、
つい調子に乗って約2年半も続けてしまいましたが、
連載がめでたく本になり、イベントも無事終了したこのタイミングで、一度完結にしたいと思います。

新たにホームページのようなものを開設し、そこにこの日記をはじめ、夫の作品リストなどもろもろのアーカイブを収容して、
4月末か5月に再び軽井沢に移住するのを機に、新たに忘備録的なブログを始める(「千ヶ滝日記」とか?)…
そんな壮大な計画もなくはないのですが、ITリテラシーが低い私に果たして可能なのか否か?
いまのところすべては未定です。

何かを新たに始める場合にはこのブログ(当分は生きているはずなので)、
あるいは今後はもう少し活用するつもりでいるツイッターのアカウント @izumim123 
で宣伝させていただきますので、そのときは、どうぞよろしくお願いします!


  1. 2014/03/11(火) 14:56:20|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

発売日!



発売日記念に、お気に入りのタミー写真を掲載してみた。
撮影は約3年前。絶頂期のタミーが笑顔で野川公園の川べりを走っている。

kawanohikari02.png

↑本日の読売新聞には、こんな紹介記事も。
芥川賞・直木賞の記事に並べていただいて光栄です。

kawanohikari01.png

↑そしてこんな新聞広告も。
『鳴子こけし殺人事件』より大きく扱っていただいて、有難いことです…

どうか『川の光2』が多くの読者のもとに届き、愛されますように。


  1. 2014/02/25(火) 21:14:59|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

『川の光2』の見本届く!



ついに『川の光2』の見本(完全版)が完成!

うちのフィギュア動物たちも「おお!」「おお!」と歓声をあげて興奮し、
本のまわりにいっせいに集合(なかには『川の光』に関係ない人も…)

IMG_2620b.jpg

↑にぎにぎと楽しい登場動物の紹介ページ。

IMG_2616b.jpg

↑タミー救出チームの足跡がたどれるカラーの織り込み地図に注目!

IMG_2619b.jpg

↑そしてこれも見逃せない!
帯には「応募券」がついていて、抽選で100名に
島津和子さんのイラストが入った「川の光」オリジナル一筆箋をプレゼント!

全国の書店に、予定通り2月25日に並びます。
大型書店は24日搬入のところもあるそう。
どうかどうか、よろしくお願いいたします。

連載開始から約2年半。
長かったような、短かったような。
この間、楽しいこと、悲しいこと、いろいろあったなあ…
夫はまた読み返しては涙ぐんでおります。

なお、サイン会とミニトークのイベントが代官山の蔦屋書店にて
3月10日 19:00~に行われる予定。
こちらの詳細は、追ってまたお知らせします。

追記──なお、上記イベントの受付スタートは2月24日からだそうです。
代官山蔦屋書店には24日以後に問い合わせ下さい。


  1. 2014/02/19(水) 16:43:45|
  2. 川の光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

IZUMI

Author:IZUMI
賢くて優しかったハナちゃん
(2003~2013)の思い出に



『川の光2 タミーを救え!』
絶賛発売中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タミー (34)
ハナちゃん (21)
川の光 (48)
日記 (270)
動物の本 (17)
動物の映画 (13)
旅先の動物たち (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。